マインドセット

仕事をやめていいのはこの2つのケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事を辞める

社会に出て働いていると、
「仕事やめたいなぁ・・・。」
と思うことは時々あると思います。

いや、中には今の会社が嫌でたまらなくて、毎日そう思いながら働いているという人もいるかも知れません(笑)。

また、強い不満や大きなストレスなどが無かったとしても、
「やりがいが感じられない。」
とか、
「自分がやりたいと思えることが他にあるんじゃないだろうか?」
という疑問が頭から離れないという人もいるでしょう。

今の職場が嫌だと思ったら、転職することも一つの選択肢だとは思います。

でもその半面で
「そんな理由で転職してもいいんでしょうか?」
と迷っているという相談をもらう事も非常に多いです。

そこで、我慢してその場所に踏みとどまるべきなのか?それとも今の環境を捨てて新しい道に進むべきか?ということについて僕なりの意見を書いてみましょう。

僕は、人間には自分から動いて環境を変えるべき時と、そうでない時があると考えています。

そして、環境を変えるべきでない時にその時の気分で行動すると、後で後悔するリスクが大きいので要注意です。

例えば、どこかの会社に勤めていたとして、思いつきで退職してしまったら、
「やっぱりまた雇ってください。」
と言っても、同じ会社に再就職できるとは限りません。

運良く同じ会社に勤めることができたとしても、全く同じポジションで同じ仕事をできる保証はないですよね。
「辞めなきゃよかった。失敗した・・・」
と思っても後の祭りです。

退職と後悔

こういう状況では、
「とりあえず試してみよう。」
という行動力が、裏目に出ることもよくあります。

特に日本の社会では、一旦会社を辞めたら再就職先では勤続年数ゼロの平社員からのスタートで、収入が下がるケースも多いということも頭に入れておくべきでしょう。

それでは、どんな場合に今の環境を捨てて新しい一歩を踏み出すべきなのでしょうか?

労働環境に大きな問題がある時

その1つ目は、今の環境が自分の将来にとってマイナスの影響を及ぼすことが明らかな時です。

例えば、会社が安全に配慮してくれないために、明らかに危険な環境で働かされている場合などはこれにモロに当てはまります。

どう考えても、会社の仕事よりも命のほうが大事ですからね。

他にも、某ブラック企業のようにサービス残業ばかりで自分の時間が全く取れないとか、陰湿なイジメがずっと続いているような場合も、転職を考えるのに十分な理由になるでしょう。

中にはそういう状況にあっても「やりたい!」と思えるような仕事もあるのかもしれませんが、そういう状況なら、そもそも辞めたいなんて思わないはずです。

次の目標がはっきりしている時

そしてもう一つが、今の仕事の他に「やりたい」ということが明確に決まっている時です。

例えば事務職などで働いている人が本気で
「建築関係の仕事につきたい!」
と思っているのなら、転職を考える価値はあるでしょう。

本気でやりたいことがあるのなら、早くその道に進んだほうが時間を有効に使えることになります。

逆に言うと、やりたいことがはっきりしていない状態で動くのはやめたほうがいいです。

「今の仕事にやりがいを感じない。」
「自分が楽しいと思えることを探したい。」
というような理由で会社をやめても、大抵はろくな事になりません。

そもそも、本当にやりたいことなんて、頭で考えるだけでは絶対に見つからないからです。

なんとなく仕事を辞めた人が求人サイトや就職情報誌を眺めてみたところで、「これだ!」と思うものに出会える確率は非常に低いはずです。

そして残念ながら、「考える時間」もタダではありません。

考える時間

「次はやりたい仕事に・・・」とあれこれ迷っているうちに、やがて生活費が底をつき始め、結局は生活のためだけに仕事を探すことになるでしょう。

だいたい、やりがいのある仕事というのは既に何らかの仕事で実績を残した人に与えられるのもので、求人情報に載っている案件の多くは下働きみたいな仕事です。

その中から本当にやりたい仕事を見つけ出せる確率は、ほぼゼロに等しいんじゃないでしょうか。

僕の知っている事例で言うと、
「自分のやりたい仕事じゃないと思った。」
と言って転職する人は、転職先でも「やりがいを感じない」「仕事の内容に興味が持てない」と言って、職を転々とするようになることが多いです。

庶民にとって、「無職でいることが許される時間」というのはそう長くありません。

だから、もし今の仕事がつまらないという理由で転職を考えているのなら、今の仕事を続けながら将来の事を考えるのが得策です。

何か興味のある分野が見つかったら、働きながら勉強をすることだってできるし、在職しながらだって転職活動をすることは可能なはずです。

ちょっと厳しいことを言うようですが、必要なことすらちゃんと継続できない人に「やりがいのある仕事」なんて見つけられないと思います。

最後にもう一度まとめておきましょう。

・今の仕事が自分に大きな悪影響を及ぼすと確信できるとき
・他にやるべきことが明確になっているとき

この2つのどちらかに該当しないかぎり、今の仕事をやめるのは危険です。

どうか思いつきやその時の気分だけで決断して、後で自分の首を締めるような選択をしないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

継続力育成5日間プログラム

継続力育成5日間プログラム

  • 三日坊主は自分の性格のせいだと思っている

  • 続かないのは、やる気が足りないからだ

  • 何かやろうと思っても、つい先延ばししてしまう


実はこれらの問題は、正しい改善法を知ることで改善できるんです。

ぜひこの無料のプログラムを利用して、三日坊主克服のヒントをつかんでみてください。


詳細・無料受講はこちらから

コメントを残す

*